menu

どうせなら良いものを

黄色いカプセルの入ったパッケージ

ED治療を手助けしてくれるバイアグラを処方してくれるこちらのクリニックを利用して治療に専念しましょう!

バイアグラについて

バイアグラはイギリスの研究機関で開発された「シルデナフィルクエン酸」を主成分とした医薬品です。
意外とバイアグラの開発時期って印象が無いのですが、実は1998年にアメリカで販売開始されました。
このシルデナフィルクエン酸はなんのために開発されたのかと言いますと、狭心症を治療するための治療薬だったのです。
しかし、臨床試験で思ったような効果は出ませんでした。
そのために、バイアグラ(試作)はそこで回収されるのですが、被験者の中にはバイアグラの返却を渋る人が結構いました。
医師たちがその理由を尋ねると、「夜の営みにとても役に立つから」と言ったそうです。
つまり「めちゃくちゃ勃起する」というわけですね。
その効果を知った医師たちは、狭心症の薬としては効果がないがEDの治療薬としては非常に効果的なのではないかということで、皆さんの知るようなバイアグラが開発されたのです。

当時はまだ狭心症の薬が開発されていなかったのを見るように、そもそも医薬品の世界そのものがまだまだ発展途上でした。そのために、なるべく命に関わるような病気の薬から開発されていたのです。
そのために、EDなどという悲しくも命に関わるものでは無い病気の薬を開発している暇はなかったのです。
そう考えると、その時にシルデナフィルクエン酸の効果を見過ごしていたら今のED治療というのはどうなっていたのでしょうね。

同じような話では早漏治療薬の「ダポキセチン」という物質が、抗精神病薬として開発され、その中で早漏治療に効果があるものと知られていなければ今の早漏治療薬は無かったでしょう。
そんな思いもよらないところから新しい医薬品が生まれるのが医薬品の世界なのです。

バイアグラの効果は

皆さんご存知の通り、バイアグラはED治療薬です。
その効果は言わずもがな勃起を助けることなのですが、バイアグラが発売からかなりの月日がたったにもかかわらず未だに愛されている理由というのは一体どういうところにあるのでしょうか?

もちろんバイアグラそのものの効果として「EDを一時的に治療する」というものがあります。
しかし、それだけでは後発医薬品が出ている現状で未だにバイアグラの人気が落ちていないことの説明がつきません。
もちろん日本で正式に認可されているED治療薬がバイアグラしか無いということを考えれば、ある程度納得はできるかもしれませんが、この21世紀ではスマホという素晴らしい機械があるのです。
スマホを使えば簡単に海外の医薬品を個人輸入することすらできるのになぜバイアグラの人気は落ちないのでしょうか?

その理由として、「パイオニアとして完成しすぎている」という要素があると私は考えています。
もちろんバイアグラの後追いである「レビトラ」やバイアグラとは違ったところから生まれた「シアリス」と言った海外の有名なED治療薬はあります。
しかし、バイアグラの安心感を上回ることは未だにできていないのではないでしょうか?

バイアグラは勃起を助けるという作用だけでなく、軽い頭痛や顔のほてりといった副作用が発生します。
しかし、その副作用も含めてバイアグラである、と考えている人が非常に多いのです。
どういうことかと言うと、バイアグラを飲んでその効果が効き始めるのは約1時間とされています。
その途中で顔がほてり出したらバイアグラの効果スタート!というわけなのです。
そういった軽い副作用のおかげでよりバイアグラの効果を実感しやすいという「副作用の副作用」があるのです。

気になる副作用の対策

バイアグラの副作用の話を出したので、そのまま掘り下げていこうと思います。
医薬品というのは、「主作用」と「副作用」に分かれています。
どちらも薬の作用なのですが、主目的にしている作用がどれかというので呼ばれ方が変わります。

一番最初のバイアグラの起こりの話に置き換えるならば、ED治療の作用はそもそも狭心症の治療薬としては副作用だったのです。
その副作用を主目的として開発されたのがバイアグラであるだけなのです。

そんなバイアグラの副作用として(上でも少し紹介しましたが)、顔のほてりや軽度の頭痛、目の充血などが挙げられます。
どれもあまりセックスを阻害するものではありませんが、人によっては頭痛はあまりいただけないという方もいるでしょう。
そういった人は市販の頭痛薬を飲みましょう。
あの優しさを固めた頭痛薬でいいのでは無いでしょうか。

また頭痛薬とバイアグラは併用禁忌の関係にありませんので、安心して一緒に服用していただけます。

記事一覧

ケースの蓋にもられている薬 「賢くバイアグラを購入するならまずはバイアグラを知りましょう!」の記事一覧です。 read more »

バイアグラ以外の治療薬

ついこの間日本でバイアグラブームが起こったと思えば、気付けばかなりの月日が経過していました。そんなバイアグラですが、開発から20年も経てばその後釜を狙う医薬品が開発されるのも納得できる月日です。

正しく認識することが大切

バイアグラに対して過度な期待を抱いている(?)人は結構いると思います。というのもED治療薬というデリケートな話題の医薬品というのは往々にしてその効果を正しく把握されていないからです。今からでも知るのは遅くありません。

バイアグラを飲む際には

バイアグラを服用する際にはいくつかの注意点があります。一番有名なものは「空腹時の服用」ですが、それ以外にもバイアグラを服用する際には整えなければいけない環境があることを忘れてはいけません。