一緒に摂るとだめなもの | 賢くバイアグラを購入するならまずはバイアグラを知りましょう!
menu

一緒に摂るとだめなもの

黄色い錠剤

バイアグラを服用する上で気をつけなければいけないのは過度の飲酒です。
バイアグラの効果として「血流を良くする」というものがあります。
血流がよくなるとそれだけ勃起にはいい影響を与えるのですが、残念ながらアルコールとはあまり相性が良くないのです。
血流がよくなることでアルコールの回りが早くなり、セックスどころでは無くなってしまいます。
勃起しながら寝てしまうような展開にならないためにもバイアグラを服用する際は過度のアルコールは控えましょう。

またアルコールよりも同時に摂取すべきでないものがあります。
それがグレープフルーツなのです。
なぜグレープフルーツがいけないの?と感じる方もいるでしょう。グレープフルーツ美味しいですからねえ。
しかしバイアグラを服用するならグレープフルーツは控えましょう。
その理由として一番大きなものはバイアグラの効果はグレープフルーツの中の「フラノクマリン」によって過剰になるから、です。
効果が強く発揮されることの何がだめなのかと感じる方もいるでしょう。
しかしよく考えてください。
一般的に医薬品というのは平常時の服用を前提とされています。
つまり通常時に作用するだけの量が必要だということです。
ですが、その効果が過剰に発揮されてしまうと、想定されていないような副作用を招いてしまいます。
単純に非常に危険なのです。
できることならそういったことを招かないように、グレープフルーツはバイアグラを服用する予定がある時には摂取してはいけません。
最悪の場合命にかかわるかもしれないのですから。